格安スマホは本当に安い?

“格安スマホの選び方で忘れてはいけないことがあります。
それは、本当に安い価格帯で格安スマホが販売されているかどうかです。格安スマホが安いというのは周知の事実なのですが、ものによっては「5万円以上の格安スマホ」もあるので注意してください。
これでは従来のスマートフォンと差異がありません。格安スマホの多くは、1~3万円で販売されています。ではどうして、格安ではない格安スマホがあるのかというと、最新モデルが出ていない現行機種である可能性が出てきます。
最新モデル登場後、半年ほど経過すると古いモデルは価格が下がっていく、このような仕組みによって格安スマホは成立しています。なので、最新モデルが5万円なのに、格安スマホは5万円近く・・・というケースでは、安いと言い切れる格安スマホで無いのは確かでしょう。
ちなみに、どのような最新モデルでも1年以上経過することによって、実売価格から30%オフになる傾向にあります。”

型落ちスマホとして人気の「ASUS ZenFone Max M2」

“2019年度も人気の型落ちスマホを探していくと、ASUS ZenFone Max M2が良く出てきます。
型落ちスマホとは、中古品として販売されているスマートフォンのことで、「最新モデルの登場」によって、大幅な値下げが行われているスマートフォンを言います。ASUS ZenFone Max M2の特徴は、今では古いスマートフォンとなっているのですが、バッテリー容量5000mAhの高いパフォーマンスを誇っているところです。
最新のスマートフォンであっても、「バッテリー容量は3000~4000mAh」の傾向にあるので、いかにASUS ZenFone Max M2のパフォーマンスが良いのかは言うまでもありません。しかも、それほど古いモデルでは無いので、ディスプレイ周りが傷んでいる、タッチパネルの反応が鈍いわけでもありません。
ASUS ZenFone Max M2は、3.5時間ほどの充電で「連続待受最長約35日間」となっています。そのため、スマートフォンの電池切れを嫌っている人にオススメできます。”

処理性能が注目されている「iPhone XS」の実態

“年々でバージョンアップを重ねているiPhoneシリーズですが、iPhone XSは、従来のスマートフォンよりも以下の面で変化が見られる内容となっています。
iPhone XSは、特に処理性能が変わった・・・と言われているのですが、iPhone XSになってからは格段の性能アップとなっていて、CPUの処理性能、Face ID(顔認証)の精度は、他の追随を許さないほどの変化となっているのです。iPhone X搭載のA11と比較すると、iPhone XSは、最大15%の高速化に成功しています。
しかも、スマートフォンのネックとなりやすい電力消費についても、「iPhone XSは最大50%の省電力化を実現している」ので、今のような騒ぎになっています。iPhone XSのFace IDとは顔認証システムのことなのですが、今では、セキュリティ対策のためにも必須の存在となりました。
iPhone XSの顔認証システムは、「マスクやメガネをかけている人でも認識できる」ようになっているので、従来の顔認証システムの問題を克服しています。”

「FUJITSU arrows M04 FARM06313」は何が凄い?

“最新機種の中でもユニークな特徴を持つスマートフォンに、FUJITSU arrows M04 FARM06313があります。
というのも、FUJITSU arrows M04 FARM06313は、国内メーカーの泡ハンドソープ、食器用洗剤でスマートフォンを洗えるようになっているからです。FUJITSU arrows M04 FARM06313は、スマートフォンの汚れが気になる人に最適なものとなっているのですが、ハンドソープで洗うことによって本体を清潔に保つことが可能になります。
従来のスマートフォンでは、そもそも防水スマホとしての規格が高くないため、可能なのか、不可能なのか・・・、こちらがハッキリとはしていません。FUJITSU arrows M04 FARM06313のようなスマートフォンは、android端末全体で注目されているため、画期的技術として注目されるようになりました。
シンプルで使いやすいスマートフォンを探している人は、FUJITSU arrows M04 FARM06313を選ばれると良いでしょう。”

docomoのサービスの特徴

“モバイルの売上ランキングを確認するとわかりますが、学生、社会人の部門のどちらでも、docomoのスマートフォンの売り上げがトップです。
au、Softbankは2位、もしくは3位であることが多いとされています。なぜdocomoのスマートフォンは人気なのかというと、それは、三大キャリアの中でも歴史あるキャリアだからです。最近になって知名度が上がってきているSoftbankに比べて、docomoは、携帯電話が販売されるようになった当初から、docomoのままで販売を行っていますし、他にも、インターネット回線のような通信サービスも手掛けているのです。
近年では、docomoのスマートフォンにも非接触決済サービス「おサイフケータイ」、後払いクレジットの「iD」といったサービスも提供されるようになりました。ブランド、サービスともに充実しているため、docomoのスマートフォンは売れ続けているのです。
その他のサービスでは、dポイントという共通ポイントサービスが人気です。”

キッズスマホはどんなものを言う?

“一時期はシニア向けスマートフォンの人気が高かったのですが、今では、キッズスマホと呼ばれるものの人気が上がっています。
キッズスマホというのは、ジュニアスマホと呼ばれるものとは違い、以下のような特徴のあるスマートフォンとなっています。キッズスマホは、そもそも多機能を求めているスマートフォンではありません。
そのため、ジュニアスマホに比べてサイズが小さい、多機能ではない、防犯ブザーが付いているなど、防犯意識を前提としたスマートフォンとなっています。親のスマートフォンと連動するようになっているため、親はキッズスマホの機能によって、位置情報を素早く知ることが可能になっています。
ただし、キッズスマホのほとんどは機能に制限があるため、ブラウザが使えない、おサイフケータイが使えないといった難点もあるのです。しかし、防犯意識が高まっている現代では、あえてキッズスマホを選ぶ人が増えていますので、今のような人気となりました。”

「HUAWEI Mate 20 Pro」は他と何が違う?

“HUAWEI Mate 20 Proの優れているところをピックアップすると、以下の面で優れていることがわかります。
HUAWEI Mate 20 Proはレンズが優れていると言われているのですが、老舗メーカーのLeicaとコラボした標準レンズを搭載しているので、オリジナリティも高いスマートフォンとなっています。HUAWEI Mate 20 Proは、「光学式3倍ズームが可能な望遠レンズを搭載している」だけでなく、実は、120度の超広角レンズも搭載されているのです。
HUAWEI Mate 20 Proの優れているところはレンズだけでなく、機能面もAIによって強化されています。そのためHUAWEI Mate 20 Proで撮影を行うと、被写体を自動で認識することが可能になるため、常にベストショットをキープしながら、写真撮影に望むことが可能となっているのです。
HUAWEI Mate 20 Proは、被写体に2.5cmまで寄ってもピントぼけしない、「スーパーマクロ撮影」にも対応しています。”

RAMに問題があるとどうなる?

“ソーシャルゲーム、アプリゲームをプレイするためにスマートフォンを購入する場合は、RAMに注意したほうが良いです。
ソーシャルゲーム、アプリゲームの公式ホームページ上では、「プレイ可能な推奨環境」について案内されているので、そちらのCPU、RAMを参考にして、相性の良いスマートフォンを選ぶと良いでしょう。ちなみに、CPUに問題があると動作そのものをしなくなる恐れがあり、RAMに問題があると、動作そのものが止まってしまう恐れがあります。
スマートフォンは、RAMの変更を契約前に選択することが可能な場合、大容量のRAMを持つスマートフォンを購入できます。しかし、容量の小さいRAMしかないスマートフォンは、後になって大容量にすることが不可能となっているので注意してください。
このような問題を持つスマートフォンについては、別機種に切り替えないと問題を解決できませんし、場合によっては大損してしまう恐れがあります。”

「Google Pixel3」だけ?品質の良いOSってなに?

“一般的なスマートフォンのOSは、OSそのものがカスタマイズされているという大きな特徴があります。
つまり、「ピュアなOSではない」ため、OSそのもののバージョンアップについては、Google Pixel3に劣るのです。Google Pixel3は、Googleが自社ブランドとして開発しているため、前述のカスタマイズOSに分類されるものではなく、ピュアなOSとして機能するようになっているため、定期的なOSのバージョンアップが可能となっているのです。
本機は、「Playground(AR機能)」に対応しているところも素晴らしく、Googleのハイスペックスマートフォンとして、最新の機能を導入しているのも魅力的でしょう。補足となりますが、Google Pixel3のOSアップデートは「3年間保証」となっていますので、長く安心して利用できるandroid端末でもあり、そのため人気となっているのです。”

おサイフケータイのサービス内容

“おサイフケータイというと、キャッシュレス化に対応しているということで、最近になってその人気を上げているサービスの1つです。
スマートフォンの頃から実装されているイメージもありますが、実は、モバイル時代から存在するサービスなので、多くの実績を持つサービスの1つでもあります。具体的なおサイフケータイのサービス内容ですが、非接触ICカード技術「Felica」チップを内蔵しているため、電子決済を行えるのが、おサイフケータイのサービスの中でも人気です。
おサイフケータイのその他の機能では、Suicaとして使えるようになっているため、交通機関の乗車カードとしても利用することができますし、ポイントカード、クレジットカードとしても対応可能になっています。複数のカードを持たずに済むため、そのためだけにおサイフケータイを導入する人も増えてきました。
おサイフケータイは管理も楽々なので、初心者向けのサービスでもあります。”