ドコモ「Xperia XZ SO-01J」

NTTドコモの2016年冬モデルとして「Xperia XZ SO-01J」が11月上旬に発売されています。月々サポートを適用した際の実質価格は、MNPが2万円台半ばで、新規・契約変更・機種変更が3万円台となり、ビジネス向けとしても重用されているものです。「Xperia XZ SO-01J」は5.2インチディスプレイを採用するAndroid 6.0搭載スマートフォンで、同時に発表された「Xperia Z Compact SO-02J」とストレージやメモリ、カメラ指紋認証センサーなど、共通する部分が多く、一方で、チップセット(CPU)や解像度、LTEの通信速度など若干異なる部分もあります。特徴となる約2300万画素カメラは「α」シリーズを手がけるカメラ部門のノウハウを活かし、広角24mmのGレンズ、CMOSセンサー「Exmor RS for mobile」、画像処理エンジン「BIONZ」は従来のまま、新たにレーザーオートフォーカスセンサーと、RGBC-IRセンサーを搭載しました。RGBC-IRセンサーは、被写体の色を検出するためのセンサーで、より正確な色味を実現するものとされています。レーザーオートフォーカスにより暗い場所でも、赤外線の反射を使って被写体との距離を測定、ピント合わせがスムーズに行われ、RGBC-IRセンサーは光源を特定して正確な色味になるよう調整できるようにしています。

Cloco、法人向けにデータ通信SIMと業務用IP電話のセット

Clocoは、ソフィアデジタルが提供するデータ通信用のSIMカードと、IP電話が利用できるスマートフォン用ソフトフォン「CloudPhone」を国内法人向けに提供を開始しました。「CloudPhone」は、業務用途でも使えるIP電話サービスです。音声通話やキャッチホンに加えて、保留転送、複数台を同時に呼び出しできる機能、内線電話機能が用意されています。固定電話の番号(03、06、011、022、045、052、092、098、050、0120、0800)も利用できます。利用料は月額2000円(税抜)~、通話料は固定電話宛が3分7.8円、携帯電話宛が1分15.6円。国際電話も利用でき、米国宛の場合1分3.55円です。一方、ソフィアデジタルのデータ通信サービスは、1日100MB(3GBプラン)、1日350MB(10GBプラン)が用意されています。利用料は月額1100円~2300円。1日あたりの通信量を超過すると、当日23時59分まで通信速度が200kbpsに制限されますが、「CloudPhone」はその通信速度でも利用でき、どちらのサービスも、契約期間の拘束(縛り)はなく、解約時の違約金はかかりません。業務用のクラウド型PBXフォンとして利用でき、Clocoが提供するコールセンターシステムの端末としても利用できます。

ソフトバンクから新しいサービスがスタート

ソフトバンクスマホから新しい割引サービスが登場しました。
「学割モンスター」や「スマホデビュー割」がスタートします。
「学割モンスター」というのは、25歳以下の方が利用できるようになっています。
1年間1000円引きの割引が利用できるようになります。
毎月1000円の割引があるというのは結構大きいものだなと感じますね。
「スマホデビュー割」は、これから始めてスマホを利用する方がお得にスマホを利用できるサービスです。
月額毎月2100円引きのサービスが利用できるので、これからスマホを使ってみようという方にお得なサービスです。
スマホもこれから使用をする方はまだまだたくさんいると思います。
これがスマホを使用するいいきっかけになったりもします。
ガラケーを使っていると、どうしてもスマホを持つのは戸惑いが出てきたりするものです。
でも、使ってみると本当にスマホは便利なので持っていない方がスマホの魅力を知るきっかけになるのはいいなと思いました。
今では、スマホの端末の売れ行きも良くありません。
なので、こういったサービスが登場をする事で、たくさんの方がスマホを持つきっかけになっていけばいいなと感じます。ハイスペックなGalaxy S6 edgeの魅力を紹介!

ソフトバンクから『STAR WARS mobile』スマホが発売

ソフトバンクは12月2日、映画「スター・ウォーズ」の世界観を表現したシャープ製Androidスマートフォン『STAR WARS mobile』(販売価格:9万9720円)を発売します。カラーは“Dark Side”と“Light Side”の2色を用意。帝国軍と反乱軍のシンボルがそれぞれのカラーに合わせてプリントされています。スター・ウォーズファンならどちらも欲しいでしょうね。またホーム画面の壁紙には、Xウィングやタイ・アドバンスト x1のコックピットに座っているかのような視点でのシーンが描かれており、カレンダーや時計などのアプリもそれぞれのコックピット視点で使用できるそう。この他にもメールや電話などのアプリのアイコンやホームボタンが「スター・ウォーズ」仕様になっていたりとか…ダースベイダーのテーマソングの音楽や効果音が操作中に鳴ったりとか…可愛いスター・ウォーズキャラの動く絵文字とか盛りだくさん。ファンでなくても楽しめるスマホに仕上がっています。端末本体としての基本仕様は、今年の夏モデルだった『AQUOS Xx3』をベースとしており、スター・ウォーズに関連するコンテンツをプリインストールしてあるそうですよ。更に12月16日公開予定の映画最新作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場するキャラクターと乗り物のフィギュア5種類がそれぞれオリジナルパッケージとして同梱されます。ソフトバンクは映画公開を記念した2つのプレゼントキャンペーンも実施(ソフトバンクの契約の有無、あるいはSTAR WARS mobileの予約・購入の有無問わず)。気になった方はぜひソフトバンクの店舗へ足を運んでみて下さいね。

“一瞬でロック解除!・「ARROWS NX F-04G」の虹彩認証 “

虹彩認証とは、指紋と同じ生体認証方式の1つです。瞳孔の外側にある虹彩と呼ばれる環状の部分の模様を読み取り、本人確認を行う技術です。「ARROWS NX F-04G」のモデルでは、赤外線LED照明で赤外線を照射し、赤外線カメラで眼球部分を撮影して、虹彩パターンを取得し、登録・照合するようになっています。他者受入率(他人の虹彩で認証を通過する確率)は10万分の1と、個人用の認証システムとしては信頼性が非常に高いのが特徴といえます。富士通では、虹彩認証システムを構成する部品を小型化することで、スマートフォンへの搭載を実現しました。赤外線を目に当てることを不安に感じる人もいるだろうが、光生物学的安全性試験(IEC 62471)を実施することで、目の安全に配慮しているので安心です。虹彩認証のメリットは、パターンやパスワードを覚える必要がなく、パスワードをのぞき見される心配もありません。富士通の携帯電話やスマートフォンに搭載されてきた指紋センサーに比べると、手袋をした状態でも使えるのがメリットといえます。通勤電車の中につり革につかまったままで、片手でロック解除ができるのも便利な点です。本モデルには、虹彩認証がどのようなものかを体験できる「虹彩認証体験」アプリが搭載されているので、まずはこのアプリを使ってみてはいかがでしょうか。

災害時にも役立ちそう

auからサムスンのスマートウォッチが来月、12月上旬以降に発売となるそうです。名称はGalaxy Gear S3 frontier。これの前に発売されていたウェアラブル端末、Gear S2と同じ円形のディスプレイとなっています。ので、ほとんど見た目は腕時計です^^本体の色はグレー、バンド部分はブルーブラックと言うカラーだそうです。

ウェアラブル端末なので、スマホにかかってきた電話をGear S3 frontierでとることもできますし、単体でスポーツ、レジャーなどの記録もできるそうです。バッテリー容量は380mAhということで、普通に使えば3~4日間は持つとか。

今まで全くこのようなウェアラブル端末には興味が無かったのですが、先日の東北地方の地震や津波で再度認識したんですよね。スマホのバッテリーの重要性。もし、このようなウェアラブル端末を一台持っていたら、スマホプラスこの端末によって、さらに利用できる時間が増えるという考え方もできますよね。

デュアルカメラとハイレゾDAC搭載「V20 PRO L-01J」

NTTドコモは、超広角撮影に対応したデュアルカメラやハイレゾ対応DACを搭載したLG Electronics製のスマートフォン「V20 PRO L-01J」を2017年2月に発売します。価格は一括価格が8万4000円程度で、実質価格はMNP時に2万円台半ば、機種変更時に4万円程度となる見込みです。グローバルで発表済みのLG V20をベースモデルとしていますが、ディスプレイサイズが異なるなど、細かい仕様は日本独自となっていて、各仕様はauから発売される「isai Beat LGV34」に近いものとなっています。デュアルカメラは、F1.8の1620万画素カメラと、超広角135度でF2.4の820万画素カメラの2つを搭載していて、用途に応じてカメラを切り替えて使い分けるようになっています。カメラアプリはマニュアル撮影機能が充実していて、ホワイトバランスやフォーカス、シャッタースピード、ISO感度などを手動で調整可能となっており、三脚などで固定すればスローシャッターでの撮影もできます。ハイレゾ対応としてはソフトウェア面だけでなく、ハードウェア面で大きく進化し、ハイレゾ対応DACとしてESS Technology製のSoC「ES9218」を搭載しています。内部のクアッドDAC構成により、シングルDACと比較して50%ノイズを低減するという高音質な変換・再生を実現しています。

「買ってよかった」という感想しか無いそうです^^

ソニーからついに発売されたPlayStation VR。私もすご~く興味あるんですが、買う前にまずはいくつかのレビュー記事を見てみることにしました。その中でとてもわかりやすかったのが、レビューの最後に「「買ってよかった」という感想しかありません」と^^わかりやすいですよね。

このようなレビューを書く人たちって、これまでにも色んな機器を試したり購入して使ったりしてきたはずです。VR関連の機器もきっと。なので、彼らのレビューは信頼性が高いと思うんですよね。レビューの中間部では、「操作やホーム画面が惜しい」と漏らしてもいるんですが、これらを総合的に評価しても買ってよかったと思える機器なんだそうです。

ARはすでにスマホのゲームでも私たちは毎日体験することが可能ですが、VRとなると今は専用の機器が無いと体験できませんよね。手軽に、そしてその世界にのめり込んで時間を忘れさせてくれる・・。あ~~、いつ買おうか楽しみです♪

http://www.samsung.com/jp/product/gearvr/

“格安SIM”契約数は678万件、2016年度第1四半期の携帯電話契約数公表

総務省は、2016年度第1四半期(4~6月)の携帯電話の契約数やシェアなどのデータを公表しました。移動系通信として集計された中には携帯電話、PHS、BWAが含まれ、このうち携帯電話の契約数は1億5759万件(前期比0.7%増、前年同期比4%増)になったのです。移動系通信(携帯電話、PHS、BWA)の契約数は1億6391万件(前期比0.7%増、前年同期比3.6%増)にのぼりました。LTE対応の携帯電話の契約数は、9050万件(前期比3.6%増、前年同期比20.3%増)で、PHSは384万件(前期比3.9%減、前年同期比15.2%減)、BWAは3851万件(前期比9.4%増、前年同期比70.2%増)でした。移動系通信における通信事業者のグループ別シェア(グループ内取引調整後、MVNO向け回線を含む)は、NTTドコモが43.7%(前年同期比1ポイント増)、KDDIグループが29.1%(前年同期比0.3ポイント増)、ソフトバンクグループが27.2%(前年同期比1.3ポイント減)になったのです。グループ別の集計からUQコミュニケーションズとWireless City Planningを除いた、3社単体での事業者別シェアは、NTTドコモが45.4%(前年同期比0.8ポイント増)、KDDIが29.6%(前年同期比0.5ポイント増)、ソフトバンクが25%(前年同期比1.3ポイント減)でした。グループおよび事業者別シェアは、ドコモ、KDDIがそれぞれ微増し、ソフトバンクが微減する傾向が続いているという結果になりました。また、MVNOサービスの契約数は1346万件で、前期比6%増、前年同期比33.8%増でした。

防水対応の「iPhone 7/7 Plus」、「Apple Watch Series 2」を水没させてみた

「iPhone 7/7 Plus」は、iPhoneとして初めて防水/防塵(じん)性能をサポートしており、その保護等級は「IP67」に相当します。IP67は、防塵性能は6級で、防水性能は7級という意味で、「粉塵が内部に侵入しない」→完全防塵 「一定の水圧で一定時間(30分間)水中に浸けても有害な影響がない」→30分間の水没に耐えられる防水性能と言い換えられます。これまで、うっかりトイレに落としてしまったり、ゲリラ豪雨に遭遇してしまったりと、悲しい水没事故に見舞われた人は決して少なくないと思われます。本当にもう水没しても大丈夫なのか、実際に試してみたところ、水に沈めても、問題なく使えることが分かりました。ただし、画面に水滴が残っていると誤作動の可能性はあり、これはあくまで「真水・常温」の話なので、浴室やプール、海などでの使用には注意が必要です。一方「Apple Watch Series 2」は、「iPhone 7/7 Plus」と異なり、腕につけたまま激しく泳いでも問題ない防水性能が特徴です。防水ロック機能を追加し、「ワークアウト」アプリから水泳のワークアウトなどを選ぶと自動的にこのモードに入り、誤作動を防ぎます。解除するには、デジタルクラウン(リュウズ)を回し続ける必要があります。「プープープー」という解除音が鳴り、スピーカーなどに水が入っていた場合は、その水が吐き出されます。
http://www.samsung.com/jp/contents/guide/waterproof.html