5G対応スマホの「A22 5G SC-56B」とは?

“5Gでは今まで以上の超高速大容量通信を可能にしていますので、今まで主流になってきた4Gスマホではなく5Gに対応しているスマートフォンなら快適に動画配信サービスなどを楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンには多くの機種がありますが、その中の一つに「」という5Gスマホがあり、朝から夜まで好きなことを楽しめる大容量バッテリーやタスクを高速かつ効率的に処理する高性能CPU、どんな時間帯でも鮮明で美しい写真が撮影できる高性能カメラや大迫力で楽しめる高精細大型ディスプレイなどを搭載したエントリークラスのアンドロイドスマートフォンです。
この5Gスマホのボディサイズは幅約79ミリ、高さ約173ミリ、厚さ約8.8ミリ、重さ約198gといった誰でも持ち歩きやすくて握りやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはホワイト、レッド、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度HD+ 1560×720でアスペクト比19.5:9の約5.8インチTFT液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している4000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity MT6833V 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GB、内蔵ストレージは64GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズと広角レンズがついた約1300万画素のメインカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約500万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはパンチホール式を採用しており、電子式手ぶれ補正、オートフォーカス、フラッシュライト、HDR、ハイブリッド光学ズーム、ポートレートモード、パノラマモード、顔認識、ビューティーモード、ナイトモード、スローモーション撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで防水(IPX5/IPX8)防塵(IP6X)やFMラジオ、おサイフケータイ(FeliCa/NFC)やイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

洗練されたデザインが人気「Apple iPhone 8」

“「Apple iPhone 8」は、今でもスマートフォンランキングで上位にランクインすることがあるスマートフォンです。今では、新しいモデルが数多く出ているのに、どうして古いスマートフォンの人気は再燃することが多いのか・・・というと、それは、現在のスマートフォン市場、トレンドを確認すると容易に理解できます。
というのも、今では最新スマートフォンほど「在庫切れとなっている」状況なので、性能が最新スマートフォンに似通っているモデルの人気が上がってきました。また、Apple iPhone 8のような古いスマートフォンの場合は、5G対応モデルではないといった問題もありますが、日本だけでなく海外でも5G対応エリアはあまり拡大していないので、こちらについてもApple iPhone 8の人気を後押ししているような状況です。
Apple iPhone 8は参考価格が「約48,000円」と高いのですが、古いスマートフォンの参考価格はあくまでも参考価格で、実際は10,000円以上も安くなっているものが多いです。実際に、安売りされている中古スマートフォンで、キャッシュバックキャンペーン対象のものでは20,000円以上も値を下げているケースがあります。中には、プラン次第で端末価格無料のケースまであるので、今では、Apple iPhone 8のようなスマートフォンが見直されるようになっているのです。
Apple iPhone 8の仕様ですが、「SIMフリースマホ、指紋認証システムに対応している、おサイフケータイに対応している、防水に対応している」ため、中古スマートフォンで安いものに見られる欠点もありません。
しかもApple iPhone 8はスペックもよく、「ディスプレイが約4.7インチの解像度はHD+(1334×750ドット)、CPUはA11 Bionic(ヘキサコア)、メモリは2GB、ストレージ容量は64GB / 256GB、バッテリー容量は1,821mAh、重量は約148g」です。Apple iPhone 8には最新のパーツが搭載されているため、古いスマートフォンだからといって処理能力、もしくは遊べるゲームアプリなどが少ないなど、このような問題も抱えていないところが人気です。
ただし、Apple iPhone 8のような古いスマートフォンは、ディスプレイであり本体サイズが他のスマートフォンより小ぶりです。こちらも踏まえた上で、Apple iPhone 8を購入するか検討するとよいでしょう。”

少しお高めのミドルレンジモデル「SONY Xperia 10 III SOG04」

“コストパフォーマンスよりも性能、機能の充実で選ばれているスマートフォンを探しているのであれば、「SONY Xperia 10 III SOG04」がオススメです。
SONY Xperia 10 III SOG04は、Xperia 10シリーズの最新モデルとして2021年6月18に発売されたモデルです。SONYのXperiaシリーズには、10シリーズ以外にも優秀なスマートフォンが存在します。ですが、価格がハイエンドモデルとほとんど変わらないので、適度に動画視聴やゲームアプリをプレイしたい場合、SONY Xperia 10 III SOG04で妥協されたほうがよいかもしれません。
実際に、使ってみてよかったのでSONY Xperia 10 III SOG04を選んでよかったというユーザーが多いです。インターネット上のユーザーレビューを見ると、「全体的にバランスが悪い」という評価も受けているのですが、今では、国産スマホが海外のスマートフォンに追いついてきたため、再びXperiaシリーズの中でも10が注目されるようになり、その影響で様々なユーザーレビューが投稿されている状況となっています。
ちなみに、SONY Xperia 10 III SOG04はキャッシュバックキャンペーンなど、キャンペーンなしで購入された場合は「4万円を切ることのない価格帯」のため、3万円台で優秀なスマートフォンを買える現代では、少しお高めのスマートフォン・・・と感じるかもしれません。ですが、性能的にはミドルレンジモデルの中でも上位にランクインしているため、最新ゲームなどをサクサクと動かすことができるスマートフォンが欲しい場合、SONY Xperia 10 III SOG04以上の性能が要求されるでしょう。
価格の補足となりますが、SONY Xperia 10 III SOG04は「かえトクプログラム適用で約36,000円で購入できる」ため、実は3万円台で購入できるチャンスのあるハイコストパフォーマンスモデルでもあります。
SONY Xperia 10 III SOG04のスペックですが、「重さは169g、アウトカメラは標準:1,200万画素、超広角:800万画素、望遠:800万画素、インカメラは800万画素、RAMは6GB、ROMは128GB、CPUはQualcomm Snapdragon690、OSはAndroid 11、バッテリー容量は4,500mAh」です。海外のスマートフォンの場合、Samsungのスマートフォンや中華スマホであれば、CPUはさらに性能のよいSnapdragon700番台となるため、性能に妥協したくない人であれば、海外のスマートフォンのほうが相性がよいと言えるでしょう。”

5G対応エリアがなかなか拡大しないのはなぜ?

“5G対応のスマートフォンが各社から続々発売されています。キャリア各社は5G商用サービスがスタートして今後さらにその勢いは加速するでしょう。しかし日本ではまだまだ5Gのエリアが狭いという現状があるのです。しかも5Gエリアは1年前からあまり変わっていないとすら言われているのです。ではなぜ日本の5Gエリアは拡大しないのでしょうか?その謎に迫ってみましょう。
まず日本の5Gは海外に比べると非常に遅く、2020年3月25日にようやくNTTドコモがサービスをスタートさせました。しかしサービス開始当初の5Gエリアは非常に限定的であり、日本中の人が5Gを体験できるか?というと全くそのような状態ではなかったんです。ビルなど5Gを利用できるエリアは非常に限定的なもので、それらの場所で通信できるスポットも限られていました。サービス開始当初は限定的だったとしても、これから対象エリアはどんどん増えるだろうとみんなが期待していたにも関わらず、その状況はサービス開始直後だけではなく、1年は続いています。
実はこの現状は日本に限ったことではありません。世界的に見ても5Gの商用サービスを開始以降、エリアを全国規模で拡大できているのは世界で見てもお隣の韓国くらいなのです。ではなぜ5Gエリアの拡大は難しいのでしょうか?その理由の1つが「5G向けの周波数が高く障害物に弱いため、広範囲のエリアカバーには向いていないこと」が挙げられます。
大手キャリア各社に割り当てられる周波数を広範囲でカバーするためには、多数の基地局を設置する必要のため、1GHz以下の周波数帯の電波が利用できた4Gと比べると、5Gの整備には多くの時間が必要になるのです。
また5Gエリアが拡大しにくい理由には「衛星通信との電波干渉」もあります。楽天モバイルなど携帯電話会社4社に割り当てられている3.7GHz帯は、衛星通信や衛星放送などに用いられる固定衛星通信に利用している帯域と重なっています。そのため基地局を設置して電波を射出してしまうと、電波干渉によって衛星通信が利用できなくなってしまうのです。そのため3.7GHz帯での基地局は、電波干渉を引き起こさないようにするために衛星通信の地上局の利用者と調整をしなければなりません。衛星通信の地上局と離れた場所に基地局を設置するなどの慎重な対応が必要になってしまうため、5Gエリアがおもうように広げられないのです。
NTTドコモは4.5GHz帯の割り当てがないのですが、楽天モバイル、au、ソフトバンクなどの携帯電話会社は、3.7GHz帯で広範囲をカバーする必要があるので、電波干渉の問題を強く受けてしまうという現状があります。”

バースト機能が付いたおすすめの格安Simを比較!

“通信制限がかかった時でも、最初の一定量だけ高速通信が可能となるバースト機能。
このバースト機能が付いている格安Sim会社をご紹介しましょう。
・IIJmio
IIJmioは格安Simの老舗的存在で、安心した通信品質と知名度があり、多くのユーザーから愛されています。
IIJmioの低速通信は他のキャリアの低速時(128Kbps)と比べても200Kbpsと速いのが特徴。
さらにバースト機能もついているので、速度制限を受けてもあまりストレスは受けない印象です。
また余ったデータ容量に関しては翌月に繰り越すことも可能。
ギガ量は3GB~12GBまで豊富なプランが用意されていて、ドコモ回線の他にau回線にも対応できます。
電話に関しては3分・10分の通話が何度でもかけられる「かけ放題」のオプションプランを用意。
・OCNモバイルONE
OCNモバイルONEは利用者の多い格安Simで、バースト機能は150KBに設定。
これはIIJmioのバースト機能の容量と比べると2倍にもなります。
OCNモバイルONEは日次プランがあり、1日に使用できる高速通信容量が少ないため速度制限にかかることが多いです。
そこでバースト機能があることでストレスなくスマホが使えるでしょう。
バースト機能に関しては特別な設定やオプション加入は必要なし。
必要時に自動的にバースト機能がONになるようになっています。
また使用しているスマホがandroidであれば、専用アプリ「OCNモバイルONEアプリ」があって、高速通信のON/OFFが簡単に切り替えられるので使い勝手がよいのもポイントです。
・DMMモバイル
DMMモバイルはIIJmioの回線を借りてサービスを行っています。
そのためIIJmioとプランやサービス面は似ているでしょう。
DMMモバイルの特徴はなんといっても安さに絶対的な自信があること。
データ専用Sim、音声通話対応Simともに1GB~20GBまでたくさんのデータ容量プランがあり。
高速通信は使えない者の毎月440円で利用できるライトプランなどもありますよ。
またDMMモバイルは高速通信時の通信制限はないものの、200Kbpsの低速通信時では3日間の通信量の合計が366MBを超えると速度制限がされることがあります。
そのほか、その月に余ったデータ容量を翌月に繰り越せる機能や、10分間電話かけ放題のオプションプランもあり。
・リペアSIM
リペアSIMはiPhoneユーザーに特化したタイプの格安Simメーカーです。
リペアSIMにはバースト機能が付いていて、その月に余ったデータ容量を翌月に繰り越せるため無駄なく利用できるでしょう。
またギガ数は1GB~20GBまで豊富なプランを用意。
通話プランに関しても10分の通話が何度でもかけられる「かけ放題」のオプションがあるので、電話代が気になる人にもおすすめ。
ドコモ回線以外にもソフトバンク回線のプランもあり、au回線でもSimロック解除をすれば使用できます。
リペアSIMの最大の特徴は、iPhoneが壊れてしまった時に修理代金のキャッシュバックがあること。
バッテリー交換もキャッシュバックの対象となるので、中古のiPhoneを活用して格安Simを利用したいという人におすすめですよ。
・nuroモバイル
nuroモバイルでは「バースト転送機能」というサービス名で、低速時も初回通信最大200Kbpsの通信速度でサイト閲覧やSNSのチェックができます。
お試しプラン、バリュープラスなど4つのデータ容量から選べるシンプル設定が魅力。
高速通信が使えるプランでは最安値級を誇っていますよ。
最安プランの「お試しプラン」は音声通話Simでも最低利用期間や契約解除料などが設定されていないので契約しやすいですね。
またnuroモバイルはドコモ、au、ソフトバンクのトリプルキャリアに対応しており、10分かけ放題は最安値、データ容量チャージも他社よりも安い設定になっています。
安さにこだわる人におすすめの格安Simと言えるでしょう。”

「発売日」と「予約開始日」はいつ?

“Galaxy A51 5Gの発売日と予約開始日について詳しく見ていきましょう。皆さんもご存知かもしれませんが、海外版のGalaxy A51 5Gは既に2020年4月に発表され8月には発売されています。そのため今すぐに新機種を試してみたい、という方には海外から輸入して取り入れるという方法もおすすめします。ただ、海外版なので注文は全て英語ですし、クレジットカードや住所、名前なども全て英語で登録しなければなりません。それらの手続きが面倒だなと感じる方は、国内版が発売されるのを待っていた方がいいですね。
日本で、Galaxy A51 5Gを取り扱うのは「au」と「ドコモ」の二つになります。実際にauの日本版「Galaxy A51 5G」の発表があったのは、2020年9月25日の新機種イベントが行われ11月中旬に発売されると発表がありました。そのため、auのGalaxy A51 5Gを購入したいと考えている方は翌日となる、2020年9月26日から予約受付を開始しているので是非参考にしてみてください。ちなみに予約はauの公式HPから予約することができます。
ただし、実際に日本版として発売されるGalaxy A51 5Gの本体価格の発表が行われていないので、価格が分からないのに予約するのは少し気が引けるという方も多いかもしれません。ただ海外版のGalaxy A51 5Gは既に発売されていて、日本円ではおよそ5万2000円くらいで発売されているので日本版もあまり変わらない値段になるだろうと予想されています。
ただし、予約してもキャンセルすることは可能ですのでどうしても気になっている方、購入したいなと考えている皆さんは一度予約してみてください。
またドコモでは、正式なGalaxy A51 5Gに関する発売の発表が行われていません。そのため、具体的な発売日や予約開始日というのも決まっていないようです。ただauで11月中旬に発売となっているので、ドコモでも同じ時期に発売されるだろうと予想されています。ちなみにそれぞれ型番が決まっていますドコモ版はGalaxy A51 5G SC-54A、au版はGalaxy A51 5G SCG07として発売される見込みです。
ただしドコモでは、まだ予約受付を開始していない状況なので気になる方は公式HPをこまめにチェックしておきましょう。予約開始日が分れば確実に購入することができるのと、発売日になってから慌てたくないという方におすすめです。
また価格が5G対応スマホでありながら、CPUがsnapdragon765 5Gを搭載しているということもあり、スマホでゲームを楽しみたい方にもおすすめのスペックとなっています。ただし最新の800番台のスマートフォンと比べてしまうと、やはり性能は落ちてしまいますがよほど重たいゲームをしたり、何個も重たいゲームをダウンロードする、ということがなければ十分快適に使えるスマートフォンになっています。
是非、これらの点を踏まえて検討してみてはいかがでしょうか。確実に購入したい方は、是非予約購入をおすすめします。”Galaxy A51公式サイトはこちら

コスパで選ばれているスマートフォンは?

“コスパ(コストパフォーマンス)は、スマートフォン選びで欠かせない要素です。
また、格安スマホと呼ばれているスマートフォンは、「性能を犠牲にして安さを追求している」ものが多いので、安価で性能が低いものをつかみたくない場合は、以下のコスパ良しオススメスマートフォンを選ぶようにしてください。
特にオススメのスマートフォンは、Apple iPhone 7です。最近ではAndroid端末並みに人気を集めているAppleのスマートフォンですが、Apple iPhone 7は安いだけでなく、性能についても申し分ないため人気が安定しています。
Apple iPhone 7は、2016年9月25日発売の「iPhoneシリーズ」です。Apple iPhone 7の特徴は、「ディスプレイが4.7インチ、カメラ性能は1200万画素で手ブレ補正あり」となっているところです。ディスプレイがコンパクトになるよう設計されていますが、小さすぎず持ちやすいが追求されているため、若者を中心にApple iPhone 7の人気が上がりました。
しかもApple iPhone 7はApple Payに対応しているので、これからキャッシュレス決済も取り入れて生活したい、そんな人の要望にも応えてくれるモデルです。ただ、Android端末ではないので、Apple iPhone 7は特別安いわけではありません。性能が良く、今では中古のラインナップが充実しているため、Apple iPhone 7を購入する人が増えてきました。
次に、OPPO Reno Aもオススメのスマートフォンです。今では、世界的に評価されているスマホメーカーのOPPOですが、「同価格帯では性能が飛び抜けている」こともあり、あえてOPPO Reno Aを選ぶ人が増えてきました。
OPPO Reno Aは、2019年10月8日発売のOPPO JAPANモデルです。OPPO Reno Aの特徴は、「ディスプレイが6.4インチ、CPUはSnapdragon710、RAMは6GB」となっているところでしょう。CPUは番台が上がるほどに性能が高く、現在はハイエンドモデルで800番台となっています。
つまりOPPO Reno Aは、800番台手前のCPU性能を持つスマートフォンなのです。同価格帯と比較してもスマートフォンの本体価格が安いため、安さを重視している人であれば、中々OPPO Reno A以上のものは見つからないでしょう。
その他の機能ですが、OPPO Reno Aには「デュアルカメラ、防水・防塵、おサイフケータイ、デュアルSIM(DSDV)」が搭載されているので、機能面も充実しています。
その他にコスパで選ばれているスマートフォンでは、Google Pixel 3aが有名です。2019年5月17日に発売されてから売れ続けているモデルで、Google Pixel 3の廉価版として人気です。
コスパ良しのスマートフォンなのですが、Google Pixel 3aは「CPUがSnapdragon670、RAMは4GB」のため、OPPOに比べると性能は特別高くありません。”galaxy 5G

「Galaxy A20」購入の注意点

“スペックが良いスマートフォンとして人気のGalaxy A20ですが、長所短所があるので注意してください。
Galaxy A20は、「撮影スピードは早くない」タイプのスマートフォンです。どのようなところがユーザーにとっての不満になるのかというと、それは、Galaxy A20のシャッターを押してから、次の撮影が可能になるまでの時間が約2秒というところでしょう。
そのため、最新機種のハイエンドモデルに比べて撮影スピードが速い・・・と、感じるものではありません。ミドルレンジモデルの中でも平均的なので、こちらにはあまり期待しないほうが良いです。
そして、Galaxy A20は「昼間の撮影で白飛びすることもある」ので、HUAWEI製スマートフォン、Google製スマートフォンに比べると、こちらの面でガッカリすることもあります。実際に、Galaxy A20を購入されたユーザーの多くが、昼間の撮影をネットにアップすることもありますが、ガッカリポイントとして投稿しているケースが目立ちます。
その代わりGalaxy A20は、「薄暗い場所でも明るい撮影が可能となっている」ので、Google製スマートフォンのような暗所の撮影では安定している、このようなユーザーの意見が多いです。ただし、先ほどの特徴と同じでGalaxy A20は、空が白飛びすることもあるので注意してください。
Galaxy A20の機能の中には、「最大4倍までのデジタルズーム」が可能となっています。ですが、Galaxy A20そのものはミドルレンジモデルで、安価に販売されているモデルであることを忘れてはいけません。
安いスマートフォンの多くは、それほどデジタルズームに力を入れていません。つまり、Galaxy A20も最大4倍までのデジタルズームが可能なだけで、画質の良さは考慮されていないスマートフォンなのです。
そのため、画質、撮影スピード、メモリ、多機能を求めている場合は、Galaxy A20より、素直にハイエンドモデルを購入したほうが良いでしょう。そんなGalaxy A20の長所ですが、「静止画であれば高画質のスマートフォン」となっています。
最近では、料理のSNS投稿を前提にしてスマートフォンを購入する人が増えてきました。Galaxy A20は、AIカメラ搭載のスマートフォンではありませんが、ユーザーの意見としては、カメラが使いやすく高画質な写真撮影が可能となっています。
では、Galaxy A20による動画撮影はどうなのか・・・というと、こちらは長所ではなく短所と思ったほうが良いでしょう。というのも、Galaxy A20は「手ブレ補正がないので使いづらい」という意見が多いからです。
実際に、Galaxy A20で移動しながら動画撮影をされている人もいるのですが、ブレていることが見るだけでわかるレベルです。画質は良いが動画撮影に強くない、こちらに妥協できる人であれば、Galaxy A20を購入されても問題ないでしょう。”

格安スマホの賢い選び方

“今では利用者が増えている格安スマホですが、以下の条件を満たしている格安スマホを選ぶようにすると、損失の少ない格安スマホの選び方となります。
まず、売れ筋の格安スマホを選ぶようにしてください。というのも、売れ筋のスマートフォンは多いため、実は、価格が安定しているからです。
そして、価格競争を意識しているブランドが多いので、格安スマホの中でも特に安いスマートフォンをゲットできます。格安スマホの相場ですが、高いものでは3~5万円、特に安いスマートフォンは2万円台となっています。
ちなみに、「格安スマホはインターネット回線が弱い」・・・わけではありません。そもそも大手キャリアに属しているブランドのため、大手キャリアが使用しているインターネット回線を利用できる強みがあるからです。
ただ、インターネット回線には対応エリアがあるので、対応エリア外でないことを確認してから、格安スマホを購入すべきです。”

型落ちなのにスペックの高い「ASUS ZenFone 5 ZE620KL-BK64S6」

“2018年以降、売れ筋ランキングに良く登場するスマートフォンの中には、ASUS ZenFone 5 ZE620KL-BK64S6のような格安スマホもあります。
ASUS ZenFone 5 ZE620KL-BK64S6は、型落ちスマートフォンとしての人気も高く、良心的な価格で販売されているスマートフォンです。他のスマートフォンに比べて安いのですが、ASUS ZenFone 5 ZE620KL-BK64S6は、高性能プロセッサと6GBメモリを搭載しているため、通常のスマートフォン利用においては、カクつくようなことはありません。
しかもASUS ZenFone 5 ZE620KL-BK64S6は、負荷が高いとされているアプリゲーム、ソーシャルゲーム、動画視聴であっても快適に動作するのです。スマートフォンはゲームのみで利用することが多い人にとっては、うってつけのスマートフォンかもしれません。”スマホ スペック 比較